【マイコード受診体験報告|ディー・ネヌ・エーの遺伝子検査サービス】

人気トップの遺伝子検査の内容は?

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

 

このサイトについて

個人向け遺伝子検査サービス「マイコード」に興味を持つ人のための情報サイトです。

 

サービスのスペック概要と、実際に受診した様子・感想の報告が内容です。

 

マイコードの概要

 

サービス提供者

ディー・エヌ・エー・ライフサイエンス社(※)が、東京大学医学研究所と提携してサービス提供。

 

※携帯ゲームサイト「モバゲー」で成功し、現在は球団も所有する大手IT企業DeNAの子会社。

 

商品ライン

以下の3種だが、最上位版のヘルスケアを選択する人が一番多い。

 

遺伝子は一生変化しないので、網羅的な検査を1度だけ受ける方が得と考える人が多いため。

 

しかし、がんのみ、あるいは祖先のルーツに主な関心がある人には、がんパックやディスカバリーもコスパのいい選択肢です。

 

表の数値は検査項目数です。

 

商品ライン 価格 検査項目数 生活習慣病 その他病気 体質 祖先
ヘルスケア 29,800円 280 38 19 93 130 -
がんパック 9,800円 通常14,800円 38 38 0 0 0 -
ディスカバリー 9,800円 21 0 0 1 19 1

 

ヘルスケアには祖先のルーツを探る検査が入っていないが、検査完了した会員は、2,980円の追加料金でディスカバリーを受けられる。

 

やはり、ヘルスケアの受診が得策と考えます。

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

 

ヘルスケアの検査項目

区分 検査項目
疾患 がん 大腸がん、胃がん、食道がん、肝臓がん、すい臓がん、肺がん、甲状腺がん、上咽頭がん、悪性黒色腫、膀胱がん、

精巣がん、前立腺がん、乳がん、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、多発性骨髄腫、慢性骨髄性白血病 等

消化器・泌尿器 B型およびC型肝炎、末期腎不全、膵炎、潰瘍性大腸炎、尿路結石症 等
心臓・循環器 心筋梗塞、脳梗塞、腹部大動脈瘤、高血圧、心不全 等
内分泌・代謝 糖尿病、脂質異常症、花粉症、バセドウ氏病、重症筋無力症、シェーグレン症候群 等
骨・関節 骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、変形性関節症、脊柱側弯症 等
皮膚 アトピー性皮膚炎、ケロイド、尋常性白斑 等
目・耳 緑内障、強度近視、糖尿病性網膜症、耳硬化症 等
生殖器 子宮内膜症、子宮筋腫、非閉塞性無精子症 等
肺・呼吸器 喘息、間質性肺炎、突発性肺線維症 等
脳・神経 アルツハイマー病、てんかん、パーキンソン病、多発性硬化症 等
その他 肥満、歯周病、アルコール依存症、円形脱毛症 等
体質 血液・代謝 ヘモグロビンの量、中性脂肪値、尿酸値、血糖値、肝機能、血圧の高さ 等
体格・発育 体重、身長、胸のサイズ、閉経の時期、腰のくびれ、成長期後期の身長の伸び 等
栄養素 ビタミンD値、ミネラル(鉄)値、脂肪酸(EPA)値 等
食習慣 飲酒傾向、アルコールによる顔の赤くなりやすさ 等
髪・肌 そばかすのできやすさ、男性型脱毛症のなりやすさ 等
循環器 心拍数の高さ、頸動脈でのプラークのできやすさ 等
目の色、近視や遠視の指標 等
性ホルモン 男性ホルモン値 等
その他 虫歯のなりやすさ、血の止まりやすさ、HIV進行の速さの指標 等

 

とても充実した検査内容で、興味をそそられます。

 

私は、マイコードのヘルスケアに決めました。

 

検査結果の活用フォロー

検査結果には、専門家による生活改善のアドバイス(食事やストレス解消)のコメントがついてきます。

 

自分がなりやすい病気を知って、予防策に力を入れたり、重点的健康診断を行うことができます。

 

さらに突っ込んだ指導を有償で受けることもできます。

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

 

マイコードを選んだ個人的理由

いろいろな個人向け遺伝子検査サービスが出てきていますが、使いやすいものはまだ少数です。

 

本格的だが高額なものや、安価だがダイエットのことしかわからないものなど。

 

安価で検査項目が限定されたものは子供だましだと聞いていたので、手を出す気はありませんでした。

 

マイコードを選んだ理由は次の3点が大きかったです。

 

  1. 280項目に及ぶ総合的な検査であること
  2. お値段が3万円を切っていて手ごろであること
  3. ディーエヌエーの南場社長が始めた事業であること

 

ディーエヌエーは今は球団も持っていますが、もとはモバゲーという携帯ゲームサイトで成功したベンチャーです。

 

南場智子社長は世界最大のコンサルティング会社マッキンゼーのパートナーまで登りつめながら、その職を捨ててベンチャー起業した方です。

 

その先見の明はすごいな、とかねがね思っていました。

 

南場社長は夫の看病のために一時第一線を退いていたのですが、復帰後に手を付けた事業がマイコードなのです。

 

私は、あの人が始めた事業なら完成度が高いはずだ、と信用したのです。

マイコード受診体験談

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

 

STEP1 申し込み

注文画面のキャプチャ

マイコードの申し込みは、インターネットで行います。

 

自分の本当の情報を正確に記入しましょう。

 

他人の検体を勝手に検査に出したりするのを防ぐため、虚偽や不正確な点があると、検査を中止されるリスクがあります。

 

STEP2 検査キット到着

検査キット

 

パソコンソフトの箱状のものが自宅に届きます。

 

検体の唾を入れる容器、同意書、説明書などが入っています。

 

STEP3 検体採取

検体ケース

 

プラスチックの管のような検体容器を取り出します。

 

検体採取

 

この中に唾液を規定の線まで入れます。

 

採取の30分前から水以外のものは口にせず、口紅も落としておくこと。

 

食べ物や口紅には他の生物のDNAが入っていることがあり、混じると検査できなくなるからです。

 

STEP4 同意書記入と番号登録

同封されている「同意書」の氏名・性別・年齢等の情報を記入します。

 

検体に同意書を添えないと検査してもらえないので、不備がないようにきちんと書きましょう。

 

また、同意書の右下部分には番号札が貼られています。

 

マイコードのサイトのログインして、この番号を登録します。

 

登録を忘れて検体を送っても検査してもらえないので、注意しましょう。

 

STEP5 検体返送

返送物リスト

 

検体と同意書、これを同封されている封筒に入れて返送します。

 

封筒

 

ポストに入れるだけです。

 

STEP6 検体受領通知

マイコードから検体が届いた旨の通知メールが来ます。

 

彼らは同意書や番号登録に不備がないか、チェックします。

 

問題がなければ、続いて「問題ないので検査にとりかかる」旨のメールが来ます。

 

結果が出るまで、こちらは特にすることはありません。

 

進捗状況画面

 

マイコードのマイページにログインすると、検査の進捗状況が確認できます。

 

STEP7 検査完了

検査が完了すると、その旨の通知メールが来ます。

 

マイページにログインすると検査結果やアドバイスを読むことができます。

 

検査完了通知

 

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

私の検査結果

検査結果サマリー

マイコードのマイページにログインすると、検査結果のサマリー(要約)が出てきます。

 

私の場合、日本人平均との比較で発症リスクが2倍以上ある病気が3つあることがわかりました。

 

まず、ベーチェット病。

 

治療法がなく、最悪は失明する難病です。発症リスクは4.53倍・・・

 

この面で私と遺伝子型を持っている人は100人に1人しかいないそうです。

 

ベーチェット病検査結果

 

次にβサラセミアといって貧血の一種。

 

発症リスクは日本人平均の3.01倍。

 

3つ目はホジキンリンパ腫。白血球のがんの一種で、発病リスクは2.57倍。

 

日本人の死因の上位を占める、肺がん・胃がん・大腸がんや脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクは低いことがわかりました。

 

検査結果を心配しすぎず、活用する

ベーチェット病という治療法のない難病の発症リスクが高く出てしまったことは、ちょっとこわいですね。

 

でも、そんなには心配していません。

 

病気の中には、ある遺伝子を持っていれば高い確率で発症し、深刻な事態になるものもあります。

 

単一遺伝子病や家族性腫瘍といった病気のグループです。

 

例えば筋ジストロフィーは単一遺伝子病の有名例であり、治療法がなく、死に至る病です。

 

そういう病気の遺伝子について発症前に知ってしまうと、強烈なショックを受ける人が多いと思います。

 

「自分は若くして死ぬ運命なのか?」

 

「結婚して家庭を持つことはできないのか?」

 

若い人ほど思いつめてしまうことでしょう。

 

しかし、マイコードの検査項目にはそういう病気は入っていません。

 

ベーチェット病は遺伝子の面からは発症リスクが高いが、そこまで確実かというと、それほどでもないのです。

 

ベーチェット病のことは心にとめておき、疑われる症状が出たら、医師にその病気の診断をしてくれるよう頼みます。

 

でも、まあ多分大丈夫でしょう。

 

有効な予防法がない病気も、事前に知っておくことで、万が一出た場合に医師に迅速に診断してもらうことが可能になります。

 

珍しい病気の場合は、そういう情報がなければ、何の病気かわからなくて診断が長引くこともあるでしょう。

 

予防できる病気の場合は、遺伝子検査はもっと役に立ちます。

 

例えば、肺がんの発症リスクが高いとわかったら、即座に禁煙し、肺のがん検査を毎年受けるようにしたらいいのです。

 

このように遺伝子検査の結果は、健康管理に前向きに使っていくようにしましょう。

 

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ