【私のがん発症リスク|遺伝子検査マイコード体験談】

マイコードのがん検査は38項目

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

 

私のがん検査結果

38項目のがん検査のうち、発症リスクかなり高かったのはホジキンリンパ腫という聞きなれない病気でした。

 

白血球の中のリンパのがんだそうです。

 

発症リスクは日本人平均の2.57倍で、同じ型の遺伝子を持っている人は100人に1人だそうです。

 

うーん、ちょっと怖いかも。

 

続いて高いのが、白血病や前立腺がんだそうです。

 

主要5大がんや、日本人男性で死亡率の高い肺がん、胃がん、大腸がんなどの発症リスクは平均以下でした。

 

ミュージシャンのつんくさんがやられた咽頭がんや食道がん、肝臓がん、膵臓がんなども遺伝子検査に関する限り、心配は少ないようです。

 

検査結果の活用法

例えば、肺がんの発症リスクが高いと出た人は、今すぐ禁煙をはじめ、肺がん検診を毎年受けるようにしたらいいと思います。

 

予防策がある病気なら実践し、検診があるなら検査頻度を上げるということです。

 

出来ることは実行して、あとは自分の運を信じて、明るく楽しく生きること。

 

くよくよして心配で寝られなくなるくらいなら、いっそ遺伝子検査なんか受けない方がましです。

 

なにしろ、がんを発症させる重大リスク要因は「ストレス」なのですから。

 

私の場合、ホジキンリンパ腫が危ないのですが、予防策とか、特別な検診とかはありません。

 

だから、体のリンパ節が腫れたら、甘く見ないですぐに医者に診てもらい、心当たりの病名を告げます。

 

「遺伝子検査で、ホジキンリンパ腫の発症リスクが高いと言われたんですが、違いますか?」と。

 

日本中で1000人くらいしか患者がいない珍しい病気なので、手掛かりがなければ診断は難航する可能性があります。

 

候補の病名が最初からわかっていれば、もし本当にそうだった場合、判定は早くなるでしょう。

 

これも検査結果の有効な活用法です。

 

まあ、私はそれを心に留めておきますが、正直そんなに心配はしていません。

 

日本人には少ない病気らしいし、たぶん大丈夫です。(笑)

 

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

がん検査参考情報

マイコードのがん検査38項目(ヘルスケア・がんパック共通)

大腸がん/肺がん(肺腺がん)/肺がん(非小細胞がん)/肺がん(扁平上皮がん)/食道がん/胃がん/胃がん(噴門部胃がん)/胃がん(びまん性胃がん、未分化型胃がん)/胃がん(非噴門部胃がん、分化型胃がん)/肝臓がん/膵臓がん/前立腺がん/乳がん/子宮頸がん/子宮体がん(子宮内膜がん)/卵巣がん(浸潤性上皮性卵巣がん)/卵巣がん(漿液性浸潤性上皮性卵巣がん)/膀胱がん/甲状腺がん/上咽頭がん/基底細胞がん/腎細胞がん/悪性黒色腫/精巣がん/多発性骨髄腫/慢性骨髄性白血病/ウィルムス腫瘍/ホジキンリンパ腫/濾胞性リンパ腫/慢性リンパ性白血病/髄膜腫/神経膠腫/ホジキンリンパ腫(結節硬化型)/B細胞性非ホジキンリンパ腫/骨肉腫/神経芽細胞腫/ユーイング肉腫/頭頸部がん

主要5大がん

肺がん、大腸がん、胃がん、乳がん、子宮がん

日本人の高死亡率がんランキング

男性

1位 肺がん、2位 胃がん、3位 大腸がん、4位 肝臓がん、5位膵臓がん、6位前立腺がん、7位 食道がん

女性

1位 大腸がん、2位 肺がん、3位 胃がん、4位 膵臓がん、5位 乳がん、6位 肝臓がん、7位 胆嚢・胆管がん

出典: 厚生労働省「人口動態統計」2013

日本人の高罹患率がんランキング

男性

1位 肺がん、2位 胃がん、3位 大腸がん、4位 肝臓がん、5位 膵臓がん

女性

1位 大腸がん、2位 肺がん、3位 胃がん、 4位 膵臓がん、5位 乳がん

出典: 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ