【私の体質|遺伝子検査マイコード体験談】

体質の検査項目数は130

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

 

マイコードの体質検査項目は130個もありますが、3つのグループにカテゴライズされており、1グループずつ見ることもできます。

 

カテゴリー1 見た目関連

 

検査項目 35項目

腹囲のサイズ、内臓脂肪・皮下脂肪の比率、瞳の模様(虹彩のクリプト)、成長期身長の伸び、体脂肪を除いた体重、目の構造、眼圧、幼児期の頭囲の大きさ、男性脱毛症のなりやすさ、そばかすのできやすさ、出生時の体重、瞳の模様(虹彩の色素リング)、遠視や近視の指標、鼻筋のとおり、腰のくびれ、乳歯の発達の早さ、髪色の明るさ、目の色、成長期後期の身長の伸び、身長、髪の太さ、肥満の指標(BMI)、体脂肪率、体重、頭蓋骨の大きさ、目の構造(角膜の曲率)、肌のくすみ、乳歯から永久歯への生え変わりの早さ、瞳の模様(虹彩のファロー)、目の構造(角膜の厚さ)、髪の形状、小麦色の日焼けのしにくさ、日焼け直後の肌の炎症の起きやすさ

 

私の結果

背が高く、脂肪が少ない点は当たっています。

 

鼻筋が通っていない点も(笑)。

 

日焼けで炎症が起きにくい点もそのとおりです。

 

女性なら、そばかすのできやすさやくびれのできやすさは気になる項目ですね。

 

カテゴリー2 食習慣関連

 

検査項目 26項目

脂肪酸(パルミトレイン酸)値、カフェインを含む食品の摂取量、脂肪酸(オレイン酸)値、脂肪酸(ステアリン酸)値、脂肪酸(DPA)値、脂肪酸(EPA)値、脂肪酸(αリノレン酸)値、ミネラル(鉄)値、レチノール値、ミネラル(マグネシウム)値、ビタミンD値、脂肪酸(DHA)値、ビタミンE値、ミネラル(リン)値、苦み(PROP)の感じやすさ、ビタミンB6値、飲酒傾向、アルコールによる顔の赤くなりやすさ、βカロテン値、タンパク質の摂取傾向、脂肪酸(パルミチン酸)値、ビタミンB12値、苦み(カフェイン)の感じやすさ、ミネラル(カルシウム)値、脂質の摂取傾向、炭水化物の摂取傾向

 

私の結果

お酒が好きで顔に出にくく、コーヒーも大好きなところは遺伝子から来ていることがよくわかりました。(笑)

 

カテゴリー3 血液・代謝関連

 

検査項目 32項目

心疾患・動脈硬化の指標(ホモシステイン値)、血糖値の高さ、喘息に関する物質値、肝機能の指標値、善玉(HDL)コレステロール値、PSA値(前立腺がんマーカー)、発育・新陳代謝に関する物質(インスリン様成長因子結合タンパク質)値、肝機能の指標(γ-GTP)値、血圧の高さ、悪玉(酸化LDL)コレステロール値、赤血球容積、ヘモグロビンの量、白血球の数、免疫反応に関連する物質(IgG)値、心筋障害などの指標(クレアチンキナーゼ値)、アディポネクチン値、アルブミン値、好酸球の数、総タンパク質値、肝臓や骨の異常の指標(ALP値)、尿酸値、肝機能の指標(ビリルビン値)、血小板の数、炎症反応の指標(C反応性タンパク質値)、中性脂肪(トリグリセリド値)、悪玉(LDL)コレステロール値、アレルギーに関する指標(IgE値)

 

私の結果

若い頃、健康診断でいつも中性脂肪値が高く、暴飲暴食のせいだと思っていたのですが、遺伝的に高いグループに属することも関係していたのかもしれません。

 

赤血球は少ないグループに属し、マラソンや長距離水泳が苦手だったのは体質的な原因もあったのだと理解しました。

 

血小板は多い体質で、出血が止まりやすいのはいいが、血栓ができやすいということでもあり、心筋梗塞・脳梗塞のリスクが高まります。

 

心筋梗塞・脳梗塞の遺伝子から見た発症リスクは高くないので、血がドロドロになるような食生活を控えれば大丈夫でしょう。

 

他にも自分の体質についていろいろなことがわかりました。

 

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ