【私の生活習慣病発症リスク|遺伝子検査マイコード体験談】

マイコードの生活習慣病検査は19項目

商品価格30%OFF!キャンペーン
期間:2017/8/9〜2017/10/1 ↓↓↓↓

遺伝子検査MYCODE-マイコード-申し込みはコチラ

 

私の生活習慣病検査結果

生活習慣病では、日本人平均より突出して高いものはありませんでした。

 

高かったものからいうと、2型糖尿病が1.29倍、脳梗塞が1.16倍、心筋梗塞が1.13倍などです。

 

私は男性ですが、同じ遺伝子型を持つ女性の場合、妊娠糖尿病が1.50倍だそうです。

 

うちは男兄弟ですが、女兄弟がいたら、少しだけ注意ということですね。

 

歯周病、高血圧、痛風、高脂血症などの項目もあり、そういうものも遺伝的ななりやすさが関係しているのだと再認識させられました。

 

いずれにせよ、生活習慣病の発症リスクはそんなに高くないことがわかりました。

 

これで明日から安心して暴飲暴食できる?

 

いえいえ、ダメです。(笑い)

生活習慣病参考情報

心筋梗塞

心臓の血管が血栓で詰まり、その先の組織に血が行かなくなって壊死する。

 

死亡率の高い危険な病気。

 

悪い生活習慣によって高血圧・動脈硬化が起き、血栓ができる。

 

この段階まで自覚症状がなく、突然に心筋梗塞という形で襲う。

 

対策は高血圧・動脈硬化が進行するのを食い止めることである。

 

脳梗塞

脳の血管が血栓で詰まり、その先の組織が酸欠で壊死する。

 

心筋梗塞とともに死亡原因の上位を占める。

 

部位は違うが、発症のメカニズムは心筋梗塞と同じで、予防策は生活習慣を正して、高血圧・動脈硬化の進行を食い止めることである。

 

糖尿病

複数のタイプがあるが、飽食と運動不足からくる生活習慣病としての糖尿病は2型糖尿病。

 

血中のブドウ糖濃度(血糖値)が異常に上昇し、尿中に糖が排出される。

 

ある程度以上血糖値が上昇すると、意識を失う。

 

梗塞ほど致命的ではないが、危険な合併症もあり、ぜひ防ぎたい病。

 

治療は運動・食事療法をまず行い、効かない場合はインシュリンの自己注射を行う。

 

動脈硬化

血管内壁にプラークが付着し、血管壁が分厚くなって柔軟性を失う。

 

血管の内側の血の通り道は狭くなり、血管が詰まったり、血栓ができたりしやすくなる。

 

また、血管の一番内側の層である血管内皮は単なる皮でなく、血管拡張物質NOなどを分泌する内分泌器官である。

 

動脈硬化はその機能を阻害するため、血行不良やEDなども引き起こす。

 

メタボリック症候群

内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上を合併した状態をいう。

 

メタボリックとは「代謝の」という意味の英語形容詞だが、略称「メタボ」は不健康な肥満を指す言葉として、すっかり日本語に定着した。